髪は女性にとって、かけがえのないもの。そして髪の印象は、あなたの見た目年齢を大きく左右します。ここでは、女性が年齢とともに感じる髪の悩みを見つめ、その原因やお手入れ方法などをわかりやすくお話ししていきます。

すぐ明るくなるのですが・・

元々、髪がかなり傷んでいるお客様、シャンプー剤をカラー専用をお使いではないお客様、日光をよく浴びるお客様・・・色が抜けやすいです!防止するには、ヘアケア剤をしっかりお使いになること、専用シャンプー剤を使う、カラートリートメント・コートなどで髪を包み込んでしまうなどのケアが必要です。

毎月したら傷みますか・・?

もちろん多少の傷みはあります。ですが例えば白髪で気になる根元のみを伸びた分だけ染める(リタッチ)のであれば、毛先の傷みは初めの一回分の傷みだけで済みます。明るいカラーも同じくです。しかし毎回カーラーチェンジをすると、薬剤塗布部分が重なり傷みは加算されます。そこで、傷みの元になるアルカリを除去しながら染めるオリジナル技法を元資生堂化学研究所の田中先生開発しました。LCDカラー(重ね塗り技法)と言います。多くのメーカー数百種の中から厳選した薬剤を使用していますので、安心してご利用いただけます。
★カラーの根本染め(リタッチ)サイクルは?
根元が気になりだした1ヶ月~2ヶ月間以内が染め時です。

黒染めとオシャレ染めの違いは・・?

大きな違いはありませんが白髪染め(黒染め)の方が、染料が濃く(多く)作られています。最近のカラー剤は明るめの白髪染めもありますので、白髪を染めるから暗くなるという事はありません。気軽にご相談ください。

ホームカラーとサロンの違いは・・?

カラー剤の基本的構造に違いはありません。サロンカラーはプロが髪質やカラー剤の特性を把握した上で、技術特訓を重ね、常に美しく染め上げる為に使用する薬剤です。また傷みを軽減するよう作られているので安心して利用できます。

白髪を染めたいけど暗くしたくないのですが・・?

上記3でも書きましたが、今はオシャレ染めと同じ位、明るくすることも可能です。是非、担当美容師とご相談ください!

白髪が出て来たけど染める程・・?

子供の頃!1本5円で抜いて~と母に仰せつかったことも(笑)しかし白髪も大事な頭髪で抜いたら2度と生えて来ません!悩ましい白髪ですが・・・染めずに楽しむ!染めて若さを保つ!ご自分のライフワークに合わせて楽しみませんか!?