髪は女性にとって、かけがえのないもの。そして髪の印象は、あなたの見た目年齢を大きく左右します。ここでは、女性が年齢とともに感じる髪の悩みを見つめ、その原因やお手入れ方法などをわかりやすくお話ししていきます。

パーマって老けて見えますよね・・?

ストレートヘアに比べる、カールやウエーブが強くなるとそう見える場合があります。大きく柔らかなウエーブやカールは女性らしさを生み、女っぷりが上がりますが、注意するのは強めを希望される時!パーマ直後は「ん?ちょっとだけイメージより強い!?」という状態が一番のお勧めパーマ(理由=パーマは一度シャンプーすると15%~20%程度ゆるくなります。ですから直後にイメージ通りのパーマウエーブだと、数日後にユルい!という印象になってしまうのです)

パーマのダメージ処理は・・?

自然な状態を化学的に曲げるものですから多少のダメージはありますが、当店では化粧品類のパーマ液を使用する事でダメージを回避しています。当店のオリジナル技術:ハイドロジェンパーマは髪の構造を理論的に解明した新しいパーマ技法です。カールやウエーブはクッキリですがダメージが殆どなく、手触りが良いと~多くのお客様からの声を頂いています、ぜひお試しください

パーマが取れやすいんです。パーマの持ちはどれくらい・・?

ハイドロジェンパーマであれば90日は問題なし!ただ新しく伸びてくる毛髪が3~4cmありますからウエーブの位置がズレるのは止められません。

スタイリング剤つけなきゃダメ・・?

ご自分のお好みです!ただシャンプー後のコンディショナーやトリートメントなどのヘアケア剤は欠かさないようお願いします。髪の本来の美しさを保つためには必須アイテムです。

パーマはカラーしたらとれる・・?

少しゆるみます! 時に気をつけるのはパーマ施術後の経過時間です。パーマ施術後、24時間の経過が欲しいと美容業界ではお伝えしています。専門的にいうと髪の毛が落ち着く状態になるのに「24時間空気酸化」というプロセスが欲しいからです。これを過ぎるとパーマのゆるくなるスピードは遅くなりますから安心!
★お知らせ
当店ではパーマとカラーの同時施術が人気のメニューですが、これは、上記の“24時間空気酸化”を毛髪研究所の先生のアドバイスを貰って疑似的に作り出して行っていますのでご安心ください。詳しい事は担当技術者にお尋ねください。

ストレートしても大丈夫・・?

癖毛が嫌!若く見せたい!爽やかに見せたい!~ご自分のイメージに合わせてストレートパーマは行います。ただ薬品ですから、とても傷んでる状態や白髪染めを何回もされてるお客様は毛髪診断の際にお断りさせて頂くこともあります。どんなに注意深く施術しても髪が耐えられないことがあるからです。

かけた日にシャンプーしていいの・・?

カラーしたらとれる?のご質問の所にも書きましたが、24時間空気酸化の理論が有りますので、〇1日間はシャンプーはご遠慮ください。パーマ液の臭い、ヘアケア剤、仕上げ剤の臭いなどもご負担に成ることもあるかも知れませんが、全て24時間で髪の状態の自然に戻す為の、技術です。絶対NGです!

カラーもしたいけどどっちが先・・?

カラーとパーマ・・・パーマが先です!カラーを先にすると、残念ですが色素が流れ落ちて、色が剥がれます。